メンドーサ 気持ち切り替え6勝目!「攻撃的な投球ができた」

[ 2015年8月1日 18:51 ]

<日・ロ>お立ち台でポーズをとる田中(左)とメンドーサ

パ・リーグ 日本ハム4―2ロッテ

(8月1日 札幌D)
 日本ハムのメンドーサが7連勝と好調のロッテ相手に好投を見せ、今季6勝目を手にした。

 メンドーサは前回登板した26日の西武戦では今季最短となる3回2/3、9安打3失点で降板。「あの登板は忘れて、きょうからまた勝ち続ける」。そう気持ちを新たに力強く腕を振り続け、「ストライク先行で攻撃的な投球ができた」と7回3安打無失点の好投を満足そうに語った。

 走者を背負っても3度の併殺打でスコアボードに「0」を並べたが、「バックがよく守り安心して投げられた」とメンドーサ。その併殺打に2度絡み、バットでも5回に貴重な追加点を叩き出した田中は「ゴロが多い投手なので、守っていて楽しい。もっとたくさん併殺打をとりたい」と笑顔を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月1日のニュース