村田 反骨心V3ラン!新外国人加入、初の一塁先発で一発回答

[ 2015年8月1日 05:30 ]

<巨・中>8回2死一、二塁、村田は勝ち越し3ラン。ジャンプして打球の行方を確かめる

セ・リーグ 巨人6-3中日

(7月31日 東京D)
 巨人の村田修一内野手(34)が31日、中日戦で同点の8回2死一、二塁から決勝の左越え6号3ランを放った。プロ13年目で初めて一塁でスタメン出場。前日のDeNA戦(京セラドーム)の終盤に満塁機で代打を送られた屈辱をバネに最高の結果を残した。新外国人アレックス・カステヤーノス外野手(28)も「5番・左翼」で出場し、来日初打席初安打初打点をマークするなど2安打の活躍。チームは4連勝で東京ドーム通算1000勝を達成した。

 高く舞い上がった打球。村田は跳ねながらスタンドに入るのを見届けた。「どうだ!」と言わんばかりに右手でガッツポーズ。決勝の6号3ランを放ってホームベースを踏みしめ、満面の笑みで坂本と抱き合った。

 「体がうまく反応した。僕らしい柔らかいホームランだったと思います。久しぶりに気持ちよくバットが振れました」

 3―3で迎えた8回2死一、二塁。大野が低めに投じた直球をすくい上げ、左翼席に放り込んだ。初回にも左犠飛で自身12試合ぶりの打点を挙げるなど、2安打4打点。今季の大野との対戦は11打数5安打、打率・455、2本塁打で「大野キラー」ぶりを発揮した。

 崖っ縁に追い込まれていた。試合前の時点で後半戦9試合は打率・200、0打点と苦しみ「野球人生で一番の壁に直面している」と言った。さらに新外国人カステヤーノスが1軍に合流し、「5番・左翼」で昇格即先発出場。自身の本職・三塁を含め内外野をこなす万能型助っ人なだけに、危機感は強まった。

 亀井が右足首の負傷で離脱。大野と相性の良くない阿部が休養を兼ねて先発から外れ、プロ13年目で初めて一塁手で先発出場した。チームのオプションを増やすだけでなく、村田の奮起を促す狙いもある。カステヤーノスはデビュー戦で2安打1打点し「2本ポンポン打ったので刺激にはなった」と闘争心に火が付いた。前日は8回1死満塁で代打・高橋由を送られ悔しさを募らせたが、名誉挽回の一発を放った。

 「シートノックから景色が違って緊張感があった」という一塁守備。周到な備えが実を結んだ。4月7日広島戦(マツダ)で途中から一塁の守備に就いた。当時はファーストミットを借りたが、試合後に「何があるか分からない」とミズノ社に自身用を発注。名手・井端モデルで家族のイニシャルを刺しゅうした。選手ロッカーに保管しておいたミットを初披露し、安定した守備をみせた。

 原監督は「非常に価値ある4打点。彼本来のバッティングの呼び水にしてほしい」と期待した。相川、亀井と故障者が相次ぎ、厳しい戦いが続くが「ジャイアンツの良いところは全員でカバーし合うところ」と話した。

 4連勝で貯金3。長嶋終身名誉監督が見守る中で東京ドーム通算1000勝に到達し、2位に浮上した。指揮官は「未来永劫(えいごう)続くジャイアンツ。さらに、さらに先にと思っています」と言えば、村田も「伝統ある球団に来て4年目。そういう1勝に貢献できて光栄」と胸を張った。そして最後に「越えられない壁はない。いつかこの壁を越えて、たくさんホームランを打ち続けたい」と完全復活を誓った。(青木 貴紀)

 ▼巨人・長嶋終身名誉監督(村田の勝ち越し3ランに)いやいや、うまいバッティングでしたね。(新外国人カステヤーノスについては)いい走りをしているよ。もちろんバッティングもいいけどね。三拍子そろっている。外国人の選手じゃないような、日本選手に近いね。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月1日のニュース