“野球美女”稲村亜美が神スイング披露!原監督「非の打ちどころない」

[ 2015年8月1日 18:04 ]

<巨・中>ティー打撃に挑戦した「神スイング美女」の稲村亜美だがまさかの空振りに照れ笑い

野球をモチーフにしたトヨタ自動車のインターネットCMに出演し、豪快なバットスイングを披露して話題となったグラビアアイドルの稲村亜美(19)が1日、巨人―中日戦(東京ドーム)の試合前イベントに登場。ティー打撃で「神スイング」を披露すると、スピードガンコンテストでは球速90キロを記録した。

 先月28日の都市対抗野球、準決勝第2試合(大阪ガス―三菱重工広島戦)前の始球式では98キロだっただけに「悔しいですね。力が入りました」と悔しがったが、それでも「とても気持ち良かったですし、沢山の観衆がいることも忘れて楽しめました」と笑顔をふりまいた。

 稲村は2人の兄の影響で少年野球チームに入り投手として活躍。野球歴9年だという。

 試合前練習中にスイングを見た原監督が「すごいね、すごい。非の打ちどころがない!」と絶賛される一幕もあった。

 この日は、バンダイが発売した「ライブ中継!スイングベースボール~GO!GO!GIANTS!~」(7月25日発売)のPRも行い、相川亮二捕手を真似た打撃スイングも披露した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年8月1日のニュース