初勝利は原満弾 東京D開場28年1696試合で1000勝到達

[ 2015年8月1日 07:45 ]

巨人の東京ドーム初勝利は1988年4月9日のヤクルト2回戦。8回には原(中央=現監督)が満塁弾を放った

セ・リーグ 巨人6-3中日

(7月31日 東京D)
 巨人が東京ドーム通算1000勝を達成した。88年の球場開設以来28年目、1696試合目での到達となった。なお初勝利は同年4月9日のヤクルト戦(○9―2)。東京ドームでの2試合目で、4番の原(現監督)は満塁本塁打を含む3安打5打点と大暴れ。先発のガリクソンは9回2失点の好投で完投勝利を挙げた。

 巨人の球場別通算勝利で最も多いのは後楽園で1773勝。37年9月15日ライオン戦で初勝利を挙げ、同球場が閉場した87年10月17日ヤクルト戦が最終勝利。ビジター球場では甲子園の545勝が最多。次いで広島市民366勝、神宮350勝と続いている。

 ◇巨人の東京D初勝利(88年4月9日)
ヤクルト
 010 000 001─2
 000 031 05X─9
巨  人
 (ヤ)●矢野、酒井、中本、梶間、梅沢―八重樫、秦
 (巨)○ガリクソン―山倉
 [本]デシンセイ(ヤ)原(巨)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月1日のニュース