武田、自己最多9勝目 工藤監督「うちの打線なら15、6は勝てる」

[ 2015年8月1日 23:02 ]

<西・ソ>ソフトバンク先発・武田
Photo By スポニチ

パ・リーグ ソフトバンク2―1西武

(8月1日 西武D)
 ソフトバンクの武田は不安定な立ち上がりながら7回途中まで1失点と粘り、自己最多の9勝目を挙げた。初回に安打と2四球で招いた2死満塁のピンチを三振で切り抜けたことが大きく「今までなら満塁でがたがたと崩れていたが、悪いなりに要所を締められた」と納得の表情だった。

 フォームのチェック点を絞り、試合中でも修正する力を身につけたことが今季の成長を支えている。プロ4年目で初めて先発ローテーションを開幕から守る背番号30に対し、工藤監督は「彼の力とうちの打線なら15、6は勝てる」とさらに期待を寄せた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月1日のニュース