楽天 最下位転落危機…今季5度目サヨナラ負けで6連敗、借金10

[ 2015年8月1日 05:30 ]

<オ・楽>11回1死二塁、安達にサヨナラ二塁打を浴び、ベンチにもどる福山(右)

パ・リーグ 楽天3-4オリックス

(7月31日 京セラD)
 楽天は今季5度目のサヨナラ負けで6連敗を喫し、借金が最多10に膨らんだ。0―3から松井稼の2本の適時打などで追い付き延長戦に持ち込んだが、10回1死満塁の好機をつぶすと、11回1死一塁では4番・サンチェスが併殺打。追加点が奪えないまま、11回に6番手・福山が力尽きた。

 これで最下位・オリックスとは1ゲーム差。1日にも最下位転落の危機が迫る中、大久保監督は「選手はよくやってくれている。前向きに切り替えてやるしかない」と声を振り絞った。

 ▼楽天・松井裕(2回無失点も4四球)言い訳にならない。次、しっかり抑えられるようにしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月1日のニュース