横浜・渡辺監督勇退へ 04年に脳梗塞、体調不良に悩まされ…

[ 2015年5月14日 11:12 ]

今夏限りで退任することになった横浜・渡辺元智監督

 甲子園で春夏合わせて5度の全国制覇を誇る横浜(神奈川)の渡辺元智監督(70)が今夏限りで退任することになった。後任は平田徹部長(32)が務める。

 渡辺監督は04年に脳梗塞で倒れるなど、近年も体調不良に悩まされてきた。同校関係者は「(勇退は)事実です」と話した。

 甲子園通算51勝は歴代3位タイ。松坂(ソフトバンク)らを擁した98年には春夏連覇を成し遂げた。教え子には涌井(ロッテ)、成瀬(ヤクルト)、筒香(DeNA)ら多数。

 ◆渡辺 元智(わたなべ・もとのり)1944年(昭19)11月3日、神奈川県生まれの70歳。横浜から神奈川大に進学したが、右肩の故障で野球を断念。65年に横浜のコーチに就任し、68年から監督。73年センバツで初優勝するなど、5度の全国制覇。98年には松坂(現ソフトバンク)を擁し甲子園春夏連覇、明治神宮大会、国体の4冠を達成した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース