オリ金子、術後初のシート登板 交流戦期間中に復帰も

[ 2015年5月14日 09:05 ]

 右肘手術からの復帰を目指すオリックスの金子千尋投手(31)が、神戸第2球場で行われた2軍の練習でシート打撃に登板した。打者に対して投球するのは手術後初めて。谷、ヘルマン、坂口、川端の4人に対して計51球を投じ、3回を3安打無失点で完全復活が近いことを証明した。

 「きょうは打者と対戦というより、自分がどう感じるか。思い描いていた球もあったし、そうでない球もあったし、一概には言えない。ただ、違和感なく投げられた」

 本人は冷静に振り返ったが、内容は充実。途中に休憩や、投球練習を5球挟む実戦スタイルを綿密に再現し、捕手の伊藤は「走者なしでも(走者を意識する)首の使い方や目の動きを試していた」と、沢村賞右腕の技術にうなった。

 坂口も「きょうが何割の力なのかは分からないが、球が一級品なのは分かった」と脱帽し、川端も「カット、カットで、最後はシュートに詰まらされて三塁ゴロ。狙い通りにやられました」と舌を巻いた。「すぐにでも投げられそうだね」というヘルマンの太鼓判には、捕手の伊藤も同調。得意球のチェンジアップなど全球種を受け、復帰秒読みを実感した。

 今後については未定だが、金子は「練習で不安がなくなるようにやっています」と着々と準備を整えている。すでに先週中には100球の投げ込みも敢行。右肘が順調なら来週中に2軍戦を挟むか、もしくはシート打撃のみで開幕投手を務めた2年前のようにぶっつけ本番か…。少なくとも今月末から始まる交流戦での復帰にはめどが立った。

【金子の経過】
 ▼14年11月11日 国内フリーエージェント権の行使を表明。

 ▼同14日 日米野球第2戦(東京ドーム)に先発。5回3安打3失点。

 ▼同29日 神戸市内の病院で「右肘骨棘(こっきょく)除去手術」を受ける。復帰まで3カ月の見込み。

 ▼同12月24日 大阪市内で会見し、オリックス残留を表明。

 ▼15年1月14日 リハビリ中の米国でスポニチ本紙の取材に対し思いを激白。「(オリックス残留は)今のメンバーで優勝したいというのがあった」。

 ▼同3月11日 トレーナーとともに関東圏在住の理学療法士を訪ね、リハビリやトレーニング。実戦初出場へ向けて最終チェック。

 ▼同24日 予定されていたシート打撃登板をキャンセル。復帰戦が再び白紙に。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース