国学院大、逆転Vへ望み 2年・増田が決勝タイムリー!

[ 2015年5月14日 05:30 ]

<国学院大・亜大>7回2死一、三塁、打者・柴田の時に重盗を仕掛けて三走・桜吉が生還する

東都大学野球春季L第6週第2日 国学院大5―3亜大

(5月13日 神宮)
 国学院大はしぶとい打撃で亜大を逆転で下した。3―3の6回に2年生の増田が決勝の右前適時打。前日の1回戦は9回1死まで完全投球される屈辱を味わい「帰ってから打撃練習して切り替えた」と2安打をマークした。

 さらにチームは7回に重盗を仕掛け、桜吉が本盗を成功させて5点目を追加。1点への執念を見せた。逆転優勝の望みがあるだけに鳥山泰孝監督は「あすも頑張りたい」と気を引き締めた。

 ▼亜大生田勉監督 勝つ要素がなかった。これが実力。(優勝の可能性が消滅し)入れ替え戦に向けて頑張るのみ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース