イチロー6試合ぶり安打は逆転足がかり “神様”ルースにあと4

[ 2015年5月14日 12:14 ]

ドジャース戦の7回、代打で出場し捕前にバント安打を決めるマーリンズのイチロー

ナ・リーグ マーリンズ5―4ドジャース

(5月13日 ロサンゼルス)
 米大リーグ、マーリンズのイチロー外野手は13日(日本時間14日)、ロサンゼルスで行われたドジャースの7回に代打で出場、無死一塁から捕手前にバント安打で6試合ぶりの安打を記録した。守備には就かず、打率は2割7分5厘。マーリンズは5―4で勝ち、連敗を3で止めた。

 2―4で迎えた7回、先頭のヘチャバリアが中前打で出塁。ここで代打で登場したイチローは2ボール1ストライクからバント安打、これで無死一、二塁とチャンスを広げたマーリンズはこの回一挙3点を奪って逆転した。

 イチローは4月21日から今月7日まで16試合連続で先発出場したが、ベンチスタートとなった8日以降はスタメン出場した10日のジャイアンツ戦を含め、5試合8打席で2四球を選んだものの、ヒットはなかった。

 この日のヒットでイチローは“野球の神様”ベーブ・ルースの2873安打に、あと4と迫った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース