広島また打線沈黙…緒方監督「投手助けるんだという気持ち持て」

[ 2015年5月14日 05:30 ]

<巨・広>ベンチで渋い表情の広島・緒方監督

セ・リーグ 広島0―1巨人

(5月13日 東京D)
 広島は今季早くも5度目となる0―1での敗戦で、阪神と同率の最下位に転落。6連勝中に活発だった打線がまた貧打に逆戻りし、8回2死二、三塁、9回2死一、三塁の好機も生かすことができなかった。

 緒方監督は「あと1点、あと1本というところ。野手は、投手を助けるんだという強い気持ちを持ってやってほしい」と奮起を求め、援護に恵まれず7回1失点で4敗目を喫した大瀬良は「悔しいけど試合はつくれた」と下を向くことなく話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース