ヤク真中監督、マートンタックルに激怒「日本のルールでやれ」

[ 2015年5月14日 05:30 ]

<ヤ・神>2回1死三塁、伊藤の右飛で三走・マートンが生還を狙うもアウトになる(捕手・西田)

セ・リーグ ヤクルト5―7阪神

(5月13日 神宮)
 ヤクルト・真中監督は怒りを押し殺すように口を開いた。「本塁ベースを(捕手の)西田があけている状態で、タックルはない。マートンも日本でやっているのだから、日本のルールでやってほしい」とまくしたてた。

 問題の場面は2回1死三塁だ。伊藤隼の右飛で三塁走者のマートンが本塁へタッチアップ。右翼手・雄平の好返球で悠々アウトのタイミングだったが、マートンは西田を体当たりで吹き飛ばした。両軍ベンチから選手が飛び出して一触即発となったが西田は「大丈夫。突っ込むタイミングじゃない。捕手は2人しかいない、熱くなっても仕方がない」と思いとどまった。

 マートンには13年5月12日、田中雅がタックルされて左鎖骨を骨折。同年9月14日にも、相川(現巨人)が体当たりされた因縁もある。有隅球審に抗議した指揮官は「勇気を持ってジャッジしてほしいと伝えた。選手生命に関わる」と話した。終盤の追い上げも6連敗。後味の悪さが残った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月14日のニュース