ロッテ勝利の方程式YFK復活!05年日本一から10周年記念

[ 2015年5月14日 15:22 ]

 ロッテは14日、2005年の日本一から10周年を記念したるイベント「ブラックブラック2005―2015」を今月30日のDeNA戦(QVCマリン)で開催、05年当時の勝利の方程式として「YFK」の名称で親しまれた薮田安彦氏、藤田宗一氏、小林雅英一軍投手コーチの3人が始球式を行うと発表した。

 05年に51試合登板で7勝4敗2S、防御率3・07の成績を残した薮田氏は「このような機会に呼んでいただき、大変光栄に思っています。マリンのマウンドに上がるのは引退した13年の引退試合以来。3人で一緒に上がれるのが本当に楽しみです」。同じく45試合登板で1勝4敗、防御率2・56だった藤田氏「3人で会うのは13年にヤブ(薮田)が引退した際に行った慰労の食事会以来です。とても楽しみです。そしてなによりもこのような機会を頂き、本当に嬉しく思っています。ファンの皆様と久しぶりにお会いできることが、とても楽しみです」とコメント。

 46試合登板で2勝2敗29S、防御率2・58、「幕張の防波堤」の異名で守護神として活躍した小林雅英一軍投手コーチも「05年の懐かしい想い出は、今も自分の大切な宝物です。3人でつないで勝利した時の充実感は今も忘れません。5月30日、ファンの皆様の前で3人でマウンドに上がれるのを今から楽しみにしています」と再会を楽しみにしてる。

 始球式では薮田氏(Y)、藤田氏(F)、小林雅投手コーチ(K)の順番で1球ずつ投げる予定。なお、当日は来場者全員に2005年ビジターユニフォームをモチーフにしたTシャツ&タオルセットを配布するという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース