DeNA強い!ハマスタ10連勝で16年ぶり貯金9!

[ 2015年5月14日 20:52 ]

<D・中>5回2死、左中間にソロを放ち筒香に迎えられる井手(右)

セ・リーグ DeNA4―3中日

(5月14日 横浜)
 DeNAが接戦を制し3連勝で、本拠地・横浜で10連勝。06年6月~7月に記録した球団最多の11連勝に王手をかけた。98年以来の6カード連続勝ち越しを決め、1999年10月以来16年ぶりの貯金9を記録した。

 先発の三嶋は6回、4安打、3失点で4勝目(1敗)。4月5日のヤクルト戦から4連勝としている。新人右腕山崎康は16セーブ目。

 DeNAは梶谷が左足関節捻挫のため登録抹消となったが、代わりに3番に入った井手が1号ソロを含む2安打1打点の活躍を見せた。

 1点を追う1回裏、DeNAは石川の中前打、井手の左翼線二塁打で2死二、三塁でロペスが左前2点タイムリーを放ち逆転。2回にも荒波の左中間へフライをナニータが落球し三塁へ、続く高城が左前適時打で加点した。

 5回に1点差に詰め寄られたがその裏、DeNAは井手が左中間へ今季1号ソロを放ち、再び突き放した。

 中日は初回、亀沢、平田の安打で1死一、三塁とし、ルナの中犠飛で先制。1―3で迎えた5回には高橋周が左翼へ2号ソロを放ち1点差としたが、その裏に失点。6回にも2死から四球のルナを塁に置き、ナニータが左越えタイムリー二塁打を放ち、再び1点差としたが、追い付けなかった。

 中日は連敗で借金2。先発のバルデスは6回を投げ8安打、4失点(自責3)で4敗目と、まだ勝ちがない。2番手・高橋聡は7回を3者三振、3番手・又吉も三者凡退と好投した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース