イチ、途中出場で左翼&右翼の守備こなした!登板については…

[ 2015年5月14日 05:30 ]

<ドジャース・マーリンズ>6回途中、イエリチ(左)と交代し左翼守備に就くイチロー

ナ・リーグ マーリンズ1―11ドジャース

(5月12日 ロサンゼルス)
 マーリンズのイチローは1―10と大差をつけられた6回無死一、三塁で、投手交代に伴うダブルスイッチで左翼守備から出場。その後、右翼守備もこなし、7回の唯一の打席は二ゴロに倒れた。

 初回にスタントンが左翼場外に消える145メートル特大ソロで先制も、投手陣が崩れて大敗。大リーグでは一方的な展開になると、野手が登板するケースもあるが「きょうは考えなかった。体が投げたくない時、あるんですよ」と乗り気ではなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース