西武ドラ2佐野、両親の前で初登板初先発も…悔しい3失点

[ 2015年5月14日 05:30 ]

<日・西>西武先発の佐野

パ・リーグ 西武8―7日本ハム

(5月13日 札幌D)
 西武ドラフト2位左腕の佐野が初登板初先発も4回3失点で降板。押し出しを含む4四球と制球が定まらず、3回は最も警戒していた中田に左越えソロを被弾した。

 タイ人の母親を持つ左腕は、その両親がスタンドから見守る中でのほろ苦いデビュー戦に「思ったより緊張はしませんでしたが、点を取られたことが悔しい」と唇をかんだが「次回はチームが勝つために、自分の仕事をしたい」と前を向いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース