野村巨人キラーだ!今季もう3勝目 打線の援護で逆転勝ち

[ 2015年5月14日 21:07 ]

<巨・広>6回2死 大田を遊ゴロに打ち取ガッツポーズの野村

セ・リーグ 広島5―4巨人

(5月14日 東京ドーム)
 広島は中盤打線がつながり逆転勝ち。野村は早くも今季巨人戦3勝目を挙げた。

 1点の援護をもらった先発の野村が2回に3失点し逆転を許したものの、4回に松山の左越え2点本塁打で同点に追いつき、5回は暴投で勝ち越し。さらに丸の中犠飛でリードを広げた。

 野村は6回を除き毎回安打を浴びたが、7回9安打3失点と粘投。走者を出しながらも要所で踏ん張った。

 巨人は来日初勝利にまだありついていないマイコラスが先発したが、5回途中5失点KO。打線は8回に1点差に迫り9回も二塁まで走者を進めたが、あと1本が出なかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース