“代打の神様”関本が久々タイムリー!「打てたのは良かった」

[ 2015年5月14日 05:30 ]

<ヤ・神>8回1死満塁、代打・関本が中前適時打を放つ

セ・リーグ 阪神7―5ヤクルト

(5月13日 神宮)
 神様のバットが打ち合いにけりをつけた。5―4で迎えた8回1死満塁、関本が代打で登場。3ボール1ストライクから、ロマンが投じた外角高め真っすぐを中前へ弾き返した。再びヤクルトを突き放す6点目。続く代打・狩野の中犠飛をも呼び込んだ。

 「甘いボール。打てたのは良かった。打点が大事とはいえ、スッキリはしていなかった」

 6日の中日戦には押し出し四球で打点を挙げてはいたが、適時打となれば4月14日の中日戦(ナゴヤドーム)以来となる。その間は12打席無安打(3四死球含む)。百戦錬磨のベテランとはいえ、悶々とした日々を過ごしてきた。

 貴重な一撃に、和田監督も最敬礼だ。「関本、狩野の代打で2点を取れたからね」。チームだけではない。関本の逆襲もここから始まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース