楽天・森、7失点で降格決定…大久保監督「実力知るのも大事」

[ 2015年5月14日 05:30 ]

<オ・楽>4回途中降板する森(左から2人目)と大久保監督(同3人目)

パ・リーグ 楽天6―8オリックス

(5月13日 京セラD)
 松井裕とともに次世代エースとして期待される楽天・森の今季初登板は4回途中7失点。2軍降格が決まった。12年ドラフト1位の20歳左腕は「野手の方々が援護してくれたのに悔しい。初回の入り方(先頭に四球)が悪かった」と肩を落とした。

 イースタン・リーグで無傷の4勝。防御率も1・24だったが大久保監督は「今の(1軍での)実力を知るのも大事。育成している選手は失敗して勉強、成功して自信になればいい」と評した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月14日のニュース