2年間で許した盗塁は2つ!オ軍ティルマン 機動力封じに自信

[ 2014年10月11日 05:30 ]

初戦に先発するオリオールズのティルマン(AP)

ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦 オリオールズ―ロイヤルズ

(10月10日 ボルティモア)
 初戦先発のオリオールズ・ティルマンは、リーグトップの153盗塁を誇るロ軍の機動力封じに自信を見せた。

 ここ2年間で盗塁を2度しか許しておらず、350イニング以上投げた投手ではトップ。クイックは1・20秒前後と、大リーグでは速く「10年にバック・ショーウォルター監督が来てからクイックを指導され、走られなくなった」と胸を張る。オ軍一筋で殿堂入りし、2632試合連続出場記録を持つOBのカル・リプケン氏も「投手はけん制とクイックモーションで相手走者を警戒しなければ」と戦いの鍵に挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月11日のニュース