カ軍ウェインライト 肘の不安を一蹴「状態には自信がある」

[ 2014年10月11日 22:11 ]

会見で自信を見せるカージナルスのウェインライト (AP)

ナ・リーグ優勝決定シリーズ

 ジャイアンツとのリーグ優勝決定シリーズを11日(日本時間12日)に控えたカージナルス。第1戦に先発するアダム・ウェインライト投手(33)が登板前日の10日に記者会見を行い、不安視されている肘の状態について言及した。

 11年2月に右肘の靱帯(じんたい)再建手術を行っているウェインライト。今年の6月に肘の状態を悪化させたというが「徐々によくなっている」と快方に向かっていることをまず会見でアピール。

 それでも3日に行われたドジャースとの地区シリーズ第1戦で4回1/3を投げて11安打6失点。5回もたずにマウンドを降板したウェインライトに対して周りが肘の状態を気に掛けるのも無理はない。

 それに対して20勝右腕は「ポジティブというのが本音だね。肘の状態には自信がある。あすの第1戦にはまったく問題ないよ」と不安を一蹴。周囲を安心させた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年10月11日のニュース