キャプティ快挙!史上初5連覇 大城快投MVP

[ 2014年10月11日 05:30 ]

5連覇を達成したキャプティナインは長嶺監督を歓喜の胴上げ

スポニチ後援蒼龍旗争奪野球最終日

(10月10日 東京ドーム)
 決勝が行われ、キャプティがトヨタ自動車を6―1で下し、自らの記録を更新して史上初の5連覇を達成した。8回無失点と好投し、勝利投手となった大城亮投手(25)が2年連続2度目の最高殊勲選手賞を受賞した。

 キャプティ先発の大城が安定した投球で快挙達成に導いた。緩急を自在に操り8回を4安打無失点。最高殊勲選手賞を獲得し「テンポ良く、落ち着いて投げることができた。MVPよりもチームが5連覇できたことがうれしい」と喜んだ。「(大城は)安心して見ていられた」と絶賛する長嶺雄介監督は「1年でも長く(連覇を)続けたい」と早くも来年を見据えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月11日のニュース