ヤクルト 真中新監督、ラジオ生出演で厳しい質問にタジタジ

[ 2014年10月11日 20:01 ]

ヤクルトの真中新監督

 ヤクルト真中満新監督(43)が11日、ニッポン放送「師岡正雄サタデーショウアップ」に生出演した。

 監督就任後初のメディア出演。この日はセ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)をテレビ観戦していたそうで「緊張感が伝わった。あそこに立っていないといけないと、そういう気持ちで見ていました」と口元を引き締めた。

 番組内でリスナーからの質問に答えた真中新監督。「本気で優勝できるんですか?」という「超内角球」の厳しい質問には「優勝を目指すのは当たり前なんですが、そう言われるとどうかな…」とタジタジ。それでも「若い選手が伸びてきている。全然狙えると思う」。

 また「原巨人を倒して優勝するには何が必要ですか?」という質問には「投手力。打つ方は勝負になる。ディフェンス面を鍛えたい」と答えた。

 リスナーから「名前は”真ん中”ですが、一番上を目指して下さい」とエールを送られた真中新監督は「優勝を目指してやりたい。シーズン最後にみんなに喜んでもらえるように」と所信表明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月11日のニュース