石川 乱調10敗目 初回9球4失点「ヨーイドンで…きつい」

[ 2014年9月26日 05:30 ]

<ヤ・広>初回無死 鈴木誠(奥)に先頭打者本塁打を浴びた石川

セ・リーグ ヤクルト1―9広島

(9月25日 神宮)
 今季最後の登板となったヤクルト・石川が5回5失点と踏ん張れず、自身3連敗で10勝10敗となった。

 初回、1死も奪えず、わずか9球で4点を失う乱調に「初回が全て。ヨーイドンで4点取られるとチームにきつい」と肩を落とした。今季は開幕からローテーションを守り、27試合に先発。3年ぶり10度目の2桁勝利を達成したが、最後は貯金を吐き出した。34歳左腕は「防御率が悪い(4.75)のが情けない」と反省の言葉を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月26日のニュース