楽天10安打9得点圧勝!菊池4勝目!ソフトBは2度目の4連敗 

[ 2014年9月26日 21:44 ]

<ソ・楽>6回1死二、三塁、3ランを放った西田は磯部コーチ(左)とハイタッチ

パ・リーグ 楽天9―3ソフトバンク

(9月26日 ヤフオクD)
 楽天は打線が爆発してソフトバンクに快勝した。

 2点を追う4回、嶋の適時打で1点差に迫ると、その後、満塁として松井稼が押し出しの四球を選んで同点に追いつく。続く岩崎にも適時打が飛び出して逆転に成功すると、西田に左中間への走者一掃となる3点適時二塁打でこの回一挙6点。6回には再び西田が左越え7号3ランを放ち、チームの4連勝を決定づけた。

 先発の菊池は序盤の2回までに2失点を喫するも、3回以降は立ち直りを見せ、7回途中まで投げて6回2/3、4安打3失点で4勝目を挙げた。

 ソフトバンクは先発の中田賢が4回もたずにマウンドを降板。3回1/3を投げて5安打4四球6失点で7敗目を喫した。打線は初回に柳田の自身初となる先頭打者本塁打で幸先よく先制し、続く2回にも1点を追加したが、3回以降は7回の1得点のみ。チームは先週に続いて今季2度目の4連敗となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年9月26日のニュース