ペーニャ 4番の存在感!同点&決勝打「みんなが仕事を…」

[ 2014年9月26日 05:30 ]

<オ・西>8回無死一、二塁、ペーニャは左前に勝ち越しの適時打を放つ
Photo By スポニチ

パ・リーグ オリックス2―1西武

(9月25日 京セラD)
 オリックスの4番・ペーニャが同点打と決勝打で全得点を叩き出した。

 ソフトバンクが楽天にリードを許すという途中経過が流れた直後の8回に無死一、三塁から左翼線へ適時打。「みんなが仕事をしたから勝ちにつながった」。初回に左前に同点打を放った直後は一塁ベース上で胸を押さえてうずくまる場面も。「興奮したのか分からないが、胸が痛くなった。こんなこと初めて」と本人も驚いたが、しびれる戦いの中で4番が存在感を発揮している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月26日のニュース