則本 笑顔なき14勝…8回7失点「こんな勝ちは意味がない」

[ 2014年9月26日 05:30 ]

<ソ・楽>14勝目を挙げた則本(左から3人目))はナインを出迎える

パ・リーグ 楽天8―7ソフトバンク

(9月25日 ヤフオクD)
 最多勝争いに踏みとどまる14勝目も楽天・則本が笑顔を見せることはなかった。「こんな勝ちは意味がないと言ってもいいぐらい。根本的に見直します」と悔しさをにじませた。

 4回までに3点の援護をもらいながら、5回に6安打を集中され一挙5失点。中堅・島内の適時失策もあったが、単調なリズムで相手にのまれた。打線が再逆転して8回7失点でも白星が転がり込んだが、星野監督は「うちの野球。結果オーライの野球」と厳しかった。これでハーラー単独トップのオリックス・金子に1勝差。残りの登板は2試合とみられ、初タイトルに夢はつないだ。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年9月26日のニュース