平田、4年連続2桁弾にホッ 開幕4番の意地でG胴上げ阻止

[ 2014年9月26日 05:30 ]

<中・巨>決勝弾を放った平田は、ファンとハイタッチして引き揚げる

セ・リーグ 中日5―4巨人

(9月25日 ナゴヤD)
 開幕4番を任された男の意地が、宿敵の胴上げを阻止した。負ければ巨人の優勝が決まる可能性があったカード最終戦。1―2の3回2死一、三塁から中日・平田のバットが快音を発した。セドンのチェンジアップを振り抜いた一撃は値千金の左越え逆転3ラン。7回には4打点目となる右邪犠飛を放ち、試合を決めた。

 「忘れかけていた感触だったので、打った瞬間は気持ち良かった。自分はまだシーズンで相手の胴上げを見たことがないし、見たくなかった」

 これで4年連続2桁となる10号。ただ、開幕から交流戦前までは4番を務めたが、左足首の捻挫もあり、満足のいく数字は残せてはいない。一矢報いたとはいえ、巨人戦は8勝16敗と大きく負け越したことを受け「来年、この悔しさをバネに勝ち越したい」とリベンジを誓った。 

 ▼中日・谷繁兼任監督(4打点の平田に)今年初めて規定打席に到達して、苦しさも味わっている。いい経験をしていると思う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月26日のニュース