西武 先制も打線沈黙…指揮官嘆く「オリの引き立て役に」

[ 2014年9月26日 05:30 ]

<オ・西>1回1死二塁、浅村の中前打で二塁走者の渡辺直が生還(捕手・伊藤)。絶好のスタートを切ったが…

パ・リーグ 西武1―2オリックス

(9月25日 京セラD)
 西武は零敗した前夜に続き、打線が振るわなかった。初回に先制したが、2回以降は無得点。3回の好機で渡辺が併殺打に倒れ、5回1死満塁でも渡辺、浅村が凡退。粘る投手陣を援護できなかった。

 中軸の中村、メヒアの不調が響き、最近4試合の得点は1、2、0、1。田辺監督代行は「得点能力が下がっている。目標のある上位と下のチームの差かな。オリックスの引き立て役になってしまった」と嘆くしかなかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年9月26日のニュース