ジーター最終3連戦出場希望「ボストンのファンに敬意表して」

[ 2014年9月26日 17:12 ]

会見で質問に応えるヤンキースのデレク・ジーター (AP)

 ヤンキースのデレク・ジーター内野手(40)は26日から行われるレッドソックスとのシーズン最終3連戦に出場意欲を示した。

 本拠地ニューヨークでの自身最終戦となった25日のオリオールズ戦で劇的なサヨナラ打を放ったジーター。これで幕引きと思われている彼をジラルディ監督はシーズン残り3試合に出場させるかどうか不透明としていた。

 しかし、ジーターは25日の試合後に「ライバルであるレッドソックスとボストンのファンに敬意を表して指名打者で出場したい」と発言。さらに「長年プレーし続けたショートでのプレーは今日が最後。指名打者での出場という自分の決断を尊重してほしい」と続けた。

 ジラルディ監督は昨年、実現こそしなかったがチームを長年支えた守護神のマリアノ・リベラ本人の希望を受けて、ヒューストンで行われたシーズン最終3試合中のどこかでセンターを守らせてからマウンドに上げさせると明言していた。そんな粋な指揮官はジーターの気持ちを汲む可能性が十分にある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月26日のニュース