2位チームのM点灯 88年近鉄は最終Wヘッダーで勝ち切れず…

[ 2014年9月26日 09:11 ]

<オ・西>8回無死一、二塁、ペーニャは左前に勝ち越しの適時打を放つ

パ・リーグ オリックス2―1西武

(9月25日 京セラD)
 【主な2位チームの優勝マジック点灯】

 ☆88年近鉄 10月4日に首位西武から0・5ゲーム差の近鉄にM21が点灯。残り2試合でM2の状況で迎えた10月19日ロッテとのダブルヘッダーに1勝1分けで、全試合を終えていた西武が逃げ切り優勝。

 ☆98年西武 9月13日に首位日本ハムから0・5差の西武にM21が点灯。激しい首位争いをした後、24日に首位に立つと、そのまま逃げ切って10月7日に優勝。

 ☆10年阪神 9月26日に首位中日から2・0差の阪神にM8が点灯。ただし逆転Vには9試合で7勝以上が条件で、9月30日に中日にM1が点灯し、翌10月1日に中日が優勝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月26日のニュース