ロッテ 成瀬 得意の日本ハム相手に5回までに10失点 4本塁打浴びる

[ 2014年5月16日 19:57 ]

<日・ロ>5回10失点のロッテ・成瀬

パ・リーグ ロッテ―日本ハム

(5月16日 札幌D)
 ロッテの成瀬が16日の日本ハム戦に先発、5回までに11安打10失点でマウンドを降りた。

 今季2試合に登板し2勝の日本ハム相手に成瀬は、初回、中田に先制適時打を許した後、ミランダに左越え3点本塁打、横浜高の後輩近藤にプロ1号となる右越え2ランを浴びて6失点。2回も陽岱鋼、ミランダに2打席連続弾を打たれ3点を失った。

 3、4回は無失点だったが、5回には市川の犠飛で10点目を許した。

 この日本ハム戦まで7試合登板で2本塁打しか打たれなかった左腕がまさかの4本塁打を浴び、今季6戦全勝の日本ハム相手にロッテは思わぬ苦戦となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月16日のニュース