楽天社員名乗り詐欺被害 82歳女性「球団困ってる」と勘違い

[ 2014年5月16日 22:31 ]

 宮城県警石巻署は16日、プロ野球楽天ファンの女性(82)=石巻市=が、楽天社員を名乗る男から現金200万円をだまし取られたと明らかにした。詐欺事件として調べている。

 同署によると、楽天社員を名乗る男が7日に電話で「投資先から1500万円を取り戻したい。楽天の名前を出せないので、あなたが投資したことにしてほしい」と持ち掛けた。楽天球団が困っていると勘違いした女性は12日、石巻市内で投資先の会社を名乗る別の男に、交換金名目で200万円を手渡したという。

 女性が市内の郵便局から追加で400万円を郵送しようとした際、局員が不審に思い女性の家族に相談。15日になって家族が警察に届け出た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月16日のニュース