大瀬良 巨人にリベンジ「同じ相手に負けるの嫌だった」

[ 2014年5月16日 21:20 ]

<巨・広>今季5勝目を飾り、スタンドの声援に応える大瀬良

セ・リーグ 広島7―2巨人

(5月16日 東京D)
 マウンドとはうって変わって初々しいインタビュー。広島・大瀬良は大粒の汗を流しながら、今季5勝目の喜びを口にした。

 「自分らしく強気で攻めた結果だと思います。できるだけ低めを意識して投げた。ホームランは打たれたが、何とか2失点でしのげました」

 失点は5、6回に浴びたソロ2発のみ。8回を5安打2失点で自身5連勝を飾った。勝ち星はエース・前田(4勝)を上回るチームトップ。そして初の巨人戦白星だ。

 巨人相手にはプロ2試合目の4月9日(東京D)に登板したが、7回7安打3失点でプロ初黒星を喫していた。リベンジを期したこの日のマウンド。試合後「同じ相手に2回連続で負けるのは嫌だった」と話すと、レフトスタンドのファンから喝采を浴びた。

 「これからも慢心せず、一戦一戦投げていきたい」と大瀬良。安定感抜群のルーキーに野村監督も「彼らしい粘りのピッチングで良かったと思う。テンポの良さとか非常に評価している」と攻撃にリズムを生み出す投球を称賛していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月16日のニュース