金子 11奪三振も「出来は60点」

[ 2014年5月16日 21:26 ]

<オ・ソ>前身の近鉄のユニホームで3勝目を挙げたオリックス・金子

パ・リーグ オリックス4―1ソフトバンク

(5月16日 京セラD)
 ソフトバンクとの首位攻防となる大事な3連戦の初戦を任され、見事な投球を見せたオリックス・金子は「ここ数試合はチームに貢献できていなかったので、今日はホッとしている」と率直に重圧から解放された気持ちを口にした。

 それでも投球内容には納得していない。「先制されてしまい、野手に助けられてばかりだった。走者を多く出してしまったし、もっと良いリズムで投げないといけない。今日の出来は60点くらい」と自身の投球への反省を忘れなかった。

 2ケタ奪三振については「三振を取るのが嫌いなわけではないが、三振が取れるということは良い球が投げられているということなので、これからも続けていきたい」と力強く語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月16日のニュース