青木 安打取り消された…守備妨害判定に納得できず

[ 2014年5月16日 05:30 ]

<ロイヤルズ・ロッキーズ>7回、守備妨害でアウトの判定に、納得がいかない様子のロイヤルズ・青木

インターリーグ ロイヤルズ3―2ロッキーズ

(5月14日 カンザスシティー)
 ロイヤルズの青木が、安打が取り消される不運もあり3試合ぶりに無安打に終わった。

 7回に三塁側へセーフティーバントを試みた際、三塁手の送球が左足を直撃。公式記録員から安打の判断が出たが、審判員が走路を内寄りに変えて捕球を妨害したと判定し、守備妨害でアウトになった。抗議したネド・ヨースト監督は納得せず、青木も「審判は絶対だが、納得がいかない」と不満顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月16日のニュース