あれから50年「マッシー」村上雅則氏 シスコで始球式

[ 2014年5月16日 15:39 ]

 15日にサンフランシスコで行われたジャイアンツとマーリンズの試合前、「マッシー・ムラカミ」こと村上雅則氏(70)が始球式を行い、64年に日本人初のメジャーリーガーとなって50年を迎えたこととその村上氏の功績をジャイアンツ球団が称えていた。

 村上氏は62年に南海ホークスに入団後、プロ2年目の64年にジャイアンツ傘下のフレズノに野球留学で派遣されたが、同年8月にメジャー昇格を言い渡され、9月1日のニューヨークで行われたメッツ戦でメジャーデビューを果たす。

 ジャイアンツに2年間在籍し、メジャーでの通算成績は54試合の登板で5勝1敗、防御率3.43という成績を残した。

 その後、66年に日本球界へ復帰して南海、阪神、日本ハムで82年までプレー。日本での通算成績は、18年間で566試合の登板で103勝82敗30セーブ、防御率3.64という成績を残し、現在はジャイアンツの極東担当スカウトや大リーグ中継の解説などを務めている。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月16日のニュース