中日・浜田 若さの連勝 2軍でも先発なかったのに…

[ 2014年5月16日 05:30 ]

<D・中>6回を2失点と力投した浜田

セ・リーグ 中日6―2DeNA

(5月15日 横浜)
 19歳がまたも力投だ。プロ入り2度目の先発となった中日・浜田が、思いきり腕を振る若さあふれる投球で6回4安打2失点。自身2個目のウイニングボールを手にし、チームを4連勝に導いた。

 「立ち上がりは良かったんですが、4回ぐらいから無駄な四球が増えてテンポが悪くなった。6回2失点という結果よりも、今の自分に大切なのは自分のボールを投げられるかどうかなので」。本人の口から出るのは反省の弁ばかりだが、キャリアを考えれば十分すぎる結果。今季は2軍戦でも先発がなかった左腕の2連勝は、首脳陣にとっても、これ以上ないうれしい誤算となった。

 5月7日の阪神戦で予告先発投手だった川上が腰痛で登板回避。試合開始1時間半前に先発を告げられた。スクランブル登板だったが、全力で腕を振ることに専念し、プロ初先発で完封勝利の離れ業をやってのけた。

 この1週間は祝福や取材が殺到したが「自分のリズムで毎日過ごせた」と、浮かれることなくしっかりと調整。初勝利の当日こそ両親と名古屋市内でささやかな祝勝会を開いたが、広島、横浜と続いた遠征先では外出せず、ホテルの自室で野球中継や資料を見て、この日に備えた。

 疲れが見えた6回、高めに浮いたボールを筒香に右越え2ランされ、救援登板した3日の巨人戦から続いていた自身の連続無失点は16イニングでストップ。この回で降板し「良くない終わり方をしてしまった」と課題も出た。

 ただ、谷繁兼任監督は「前回ほど球の勢いはなかったけど、要所でいい球が来ていた」と高評価。交流戦では連戦が減るため次回登板は未定だが、他の先発陣に大きな刺激を与える2度の先発マウンドとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月16日のニュース