西武・メヒア「完璧じゃなかったけど」特大の初打席弾

[ 2014年5月16日 05:30 ]

<日・西>2回無死、ソロ本塁打を放ったメヒア

パ・リーグ 西武4―6日本ハム

(5月15日 札幌D)
 ベネズエラ出身の西武新外国人、メヒアが「5番・DH」で来日初出場。1点を先制された直後の2回、初打席で左翼席中段に運ぶ特大の1号ソロを放ち、「完璧じゃなかったけど、入るには十分だった。とてもうれしい」と喜んだ。

 昨季、ブレーブス傘下3Aで28本塁打の実績を誇る。前日、西武第2球場から午後10時半に札幌入りしたメヒアはこの日になって、1軍メンバーと対面。いきなり大砲の片りんをのぞかせたが、チームは今季3度目の4連敗で、借金は13に膨れあがった。伊原監督は「久しぶりに4点取ったのに、(投打の)バランスが悪い」と嘆き節だった。

 ≪史上56人目≫メヒア(西)が来日初打席で本塁打。初打席初本塁打は3月28日DeNA戦の西浦(ヤ)以来史上56人目(パ27人目)で、外国人は昨年3月29日広島戦のロペス(巨)以来22人目。チームでは68年小室、75年山村、90年佐伯、99年ポール、11年マルハーンに次ぎ6人目となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月16日のニュース