森脇監督 バッテリーを監督室に呼び出し「安易すぎる」

[ 2014年5月16日 05:30 ]

<楽・オ>2回無死、ジョーンズに左越え本塁打を打たれる吉田一。その後、雨天ノーゲームに

パ・リーグ オリックス3-4楽天(2回裏終了降雨ノーゲーム)

(5月15日 コボスタ宮城)
 普段は温厚なオリックス・森脇監督だが、降雨ノーゲームが決定すると、新人・吉田一と伊藤のバッテリーを監督室に呼んだ。

 「ホームランバッターに対して攻め方が安易すぎる」。2回に味方が3点を先制したが、その裏、先頭のジョーンズにカウント2ストライクから左翼席に運ばれた。これでリズムを崩し、この回5安打で4失点。雨に救われた形の吉田一は「反省して同じことを繰り返さないようにしたい」と肩を落とした。

 ▼オリックス・ペーニャ(2回先頭でソロ本塁打も幻の14号に)ついてないね。消えちゃったよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月16日のニュース