賢介が初適時打 しぶとく落とし「汚い安打が出る時は上向き」

[ 2014年3月10日 09:57 ]

マリナーズ戦の3回、左前に適時打を放つレンジャーズとマイナー契約の田中賢

オープン戦 レンジャーズ3―4アストロズ

(3月9日)
 レンジャーズでメジャー昇格を目指す田中賢がオープン戦初打点をマークした。3回2死二塁で左腕ルートキーのスライダーに体勢を崩されながらも、しぶとく左前にぽとりと落とした。

 4試合ぶりに先発出場した田中賢は「何とか1本出たので、ホッとはしている」と笑顔をのぞかせた。前日の遊撃内野安打と同じく会心の当たりではなかったが「汚い安打が出る時は少しずつ上向き調子になる時だと思う」と前向きに語る。

 一方で反省も忘れなかった。二回は相手エースのヘルナンデスの速球に手が出ずに見逃し三振。1死三塁のチャンスを逃し「見逃しはしてはいけない場面。ああいうところはしっかりとやっていきたい」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース