西武・斉藤 1日で株再上昇 伊原監督「内容があった」

[ 2014年3月10日 05:30 ]

オープン戦 西武0―1ロッテ

(3月9日 QVCマリン)
 1日で株が再上昇だ。西武の7年目・斉藤が初回、先頭で10球粘って四球。3回も1ボール2ストライクと追い込まれながら左中間二塁打を放った。

 「粘り強くいけた。(二塁打は)体を開かずに仕留められて良かった」。右翼のレギュラーを木村、熊代と争い、オープン戦は打率・357と好調を持続。前日は3三振を喫し「ストップ安ですね」と評した伊原監督も「内容があった。秋山もぼやぼやできない」と目を細めていた。

  ▼西武・レイノルズ(オープン戦初登板で5回3安打無失点)球数少なく、ゴロで多く打ち取れたのは良かった。次は直球の制球をもっと意識し、チェンジアップも多く投げたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月10日のニュース