館山、開幕絶望…小川監督「5月くらいに出てきてくれれば」

[ 2014年3月10日 19:23 ]

 ヤクルトの小川監督は10日、右肘靱帯再建手術からの再起を期す館山が開幕に間に合わないことを明らかにした。

 キャンプは1軍で順調に過ごしたが、2月25日の実戦初登板で右肘に違和感を訴えた。検査では異常は見つからなかったものの、その後は実戦登板がまだない。指揮官は「段階を踏んでいくことになるので試合に投げないと。5月くらいに出てきてくれれば」と慎重に話した。

 昨季は開幕投手を務めながら2試合の登板に終わった。それだけに指揮官は「焦る必要はない。逆戻りしたら元も子もない」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース