建山 打撃練習15球 感触はまずまず

[ 2014年3月10日 05:30 ]

打撃投手を務める建山

 マイナー契約のヤンキース・建山は、実戦形式の打撃練習で左右のマイナー打者に計15球を投げた。

 「相手は僕が何の球種を投げるか分かっていないから」と打者の反応は気に留めなかったが、まずまずの感触を得た。オープン戦ではここまで3試合連続無失点。ストライク先行の好内容が続く。「ゼロに抑えることはもちろんだが、右打者が本当に嫌がっているとか首脳陣が試したくなるような内容を見せたい」と意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース