ムネリン 審判員と話し込む「英語の勉強をしている」

[ 2014年3月10日 09:20 ]

試合前にユニホームを整える川崎

オープン戦 ヤンキース3―3レイズ

(3月9日)
 ブルージェイズの招待選手、川崎は8回から二塁に入った。いきなり審判員と話し込み「容赦なくしゃべってくるから、コミュニケーションを取って、英語の勉強をしている」と笑った。

 実際の守備ではベンチの指示に従って守る位置を変えた。8回には正面でゴロをさばき「その辺はベンチでいつも見ているから」とさらりと言う。三塁に遊撃、外野もこなす川崎は「くたくただけど、生きている感覚がある」と充実の表情だ。10日の休養日に話題が及ぶと「24時間寝てやろうかな」と冗談を飛ばした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース