ハムドラ2浦野 うれしい誤算 2軍行き撤回、開幕ローテに急浮上

[ 2014年3月10日 05:30 ]

<オ・日>浦野は3回を1安打無失点と好投を見せる

オープン戦 日本ハム3―2オリックス

(3月9日 姫路)
 日本ハムのドラフト2位・浦野はスライダーが高く評価されていたが、フォークも凄かった。オープン戦初登板は、先発で3回1安打無失点。オリックス打線から奪った3三振のうち、2回の山崎勝、3回の駿太は空振りで奪った。

 「直球が走っていたので決め球も生きた」。この日は最速145キロ。直球と変化球のコンビネーションは抜群で、開幕ローテーション入りへ急浮上した。

 試合前、栗山監督は「浦野が完全投球しても一度、2軍に戻す」と話していた。吉川、木佐貫、大谷、メンドーサ、武田勝、斎藤、上沢と先発の駒は足りているだけに、ルーキーをじっくりと調整させる方針だった。ところが、予想以上の好投に厚沢投手コーチは「試合中にプランをひっくり返した。上沢、斎藤と並ぶところにいる」と11日からの西武戦(札幌ドーム)帯同を決めた。

 愛知学院大で4年秋に明治神宮大会準優勝、セガサミー時代は日本代表として東アジア大会優勝。経験豊富な24歳は「先発でも中継ぎでも与えられたところでやる。開幕1軍にこだわりたい」。首脳陣にはうれしい誤算だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース