ムネリン 8打席ぶり安打「バットがへし折れて最強の当たり」

[ 2014年3月10日 05:30 ]

オープン戦 ブルージェイズ4―3ツインズ

(3月8日 ダンイーデン)
 マイナー契約のブルージェイズ・川崎は8回の守備から三塁に入り、その裏2死一塁の打席で「ランナーがいるし、最初から積極的にいった」と初球攻撃。

 内角速球にバットを折られながらも、二塁手の後方に落とした。8打席ぶりの安打に「バットがへし折れて最強の当たり」と口も滑らか。守備では9回、三塁線際の打球を内野安打にした。本職の遊撃以外もこなせる姿を見せることがメジャー昇格につながる川崎には貴重な経験で「次からあれはファウルになるという判断ができる」と収穫を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース