予定の4回持たず…マエケン 6失点も「不安はない」

[ 2014年3月10日 05:30 ]

<広・ヤ>2回1死一塁、雄平(右)にスプリットを左前に運ばれ、苦笑いの前田健

オープン戦 広島8―6ヤクルト

(3月9日 マツダ)
 開幕投手を務める広島の前田健の今春対外試合初登板は散々な結果に終わった。

 2回に長短6安打と押し出し四球で6失点。予定の4回を待たず3回72球で交代した。「狙ったコースへ行かなかった。初めて投げるので」。直球はシュート回転し、新球スプリットも2回、雄平に左前へ運ばれるなど「制球、切れ、感触ともよくなかった」。それでもエースは「不安はない」ときっぱり。野村監督は「実績ある投手。心配していない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース