巨人アンダーソン 対左11の6 開幕も能見攻略任せろ

[ 2014年3月10日 07:22 ]

<神・巨>4回2死二、三塁、アンダーソンは左前適時打を放つ

オープン戦 巨人3―2阪神

(3月9日 甲子園)
 2番に入った巨人・アンダーソンが4打数3安打1死球。オープン戦打率をチームトップの・462に上げた。

 「日頃からコーチに手伝ってもらった成果が出た」。左腕の岩崎から2安打するなど、対左は11打数6安打、打率・545で、原監督も「彼は左投手にも凄くいいと思う」と評価。28日の開幕は左腕・能見の先発が濃厚なだけに、開幕2番起用の可能性が広がってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース