ヤクルト川端 上昇2点打 マエケンにやり返した

[ 2014年3月10日 05:30 ]

<広・ヤ>2回1死満塁、川端が右前に2点適時打を放つ

オープン戦 ヤクルト6―8広島

(3月9日 マツダ)
 ヤクルトは2回打者一巡の猛攻で、前田健から一挙6点。1死満塁から内角直球を右前2点適時打した川端は「1打席目は同じ球でやられていた(二ゴロ)ので、ずっと待っていた」と振り返った。

 オープン戦はここまで全7試合に出場も、打率・154と低迷。試合前に小川監督は「何かきっかけになれば」と打順を5試合ぶりに2番に戻した。「まだ1試合だけなので分からない」と話した指揮官だが、川端は「調子は悪くない」と前を見据えた。

 ▼ヤクルト・ナーブソン(4回1/3を8安打6失点)球が高く浮いてしまった。(ボークは)次はそういうことがないようにしないといけない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース